これを機に再チェック!正しい指輪の測り方

指の太さは1日のうちでも変わっている

プロポーズの証であるエンゲージリングは、女性にとって喜びの象徴です。しかしせっかく購入しても、あとできつくなったり、ぶかぶかになったりしては、ちょっとがっくりきてしまいますね。 指だって生きていますから、時間や季節で変動して太さが変わるのです。朝起きたときや夜に足がむくむ人がいますが、指だって同じです。靴を選ぶときにそのようなことを配慮するように、指も注意してサイズを測りましょう。むくみが起きにくい時間帯としては、午前中の10時ぐらいから夕方4時ぐらいとなります。また夏場にも指は湿度などで太くなりやすくなり、逆に冬場は細くなります。どうしても指の変動が大きくなる時間や季節にサイズを測らなければならないときには、太さが変わることを頭に入れて、余裕を持たせたリングを選択しましょう。

フィットさせるために丁寧に測ろう

指のサイズは、店でリングサイズゲージで測ってもらうのが正確で安心です。でも事前に知っておいたほうが、話がスムーズに進むかもしれません。エンゲージリングと一緒にマリッジリングを選びたいカップルなどは、コーディネイトやデザインのほうに、たくさん時間を使いたいでしょう。 指のサイズは、糸を巻き付ければ簡単に測ることができます。指輪がフィットするように、きつくなくゆるくないように巻いてください。それをリングサイズ対応表に当てはめてみれば、何号なのかがわかります。多少は指の太さが変わることも考えて、あてはめてくださいね。 万一作ったリングが合わなくても、後からサイズを直すことはできます。でもできるだけそうしなくてすむように、時間帯を変えるなどして何度か測りなおしておけば、より正確性が増します。