欲しい?欲しくない?男女別にみるエンゲージリング裏事情

男性が思っているエンゲージリング事情!

エンゲージリングは、婚約指輪であり婚約をする時に必要になってくるのですが、形上渡すことが決まっています。しかし、男性の裏事情は少し違ってくるようです。 男性がエンゲージリングに抱く考えは、正直渡したくないということです。というのも、婚約指輪は安いもので30万円はするものが多いために、その何ヶ月か先に結婚式が控えていますから、婚約指輪にお金をかけている場合ではないのです。しかし、一応婚約をしてから結婚という流れが出来ているために、証としてエンゲージリングを渡さなければならないのです。 男性全てが同じ考えを抱いているわけではないために、一概には言えないのですが、結婚式がある前にあまり出費をしたくないというのが本音のようです。

女性から見るエンゲージリング事情!

女性からすると、エンゲージリングは貰いたいという人が多いようです。というのも、婚約をされた証になりますし、男性からプロポーズとともにエンゲージリングを渡されるとやはり嬉しいからです。 また、どうせ貰うならダイヤモンドが多く付いているものが良いです。というのも、世間ではダイヤモンドのカラット数によって愛の度合いが変わると言われていますから、大きければ大きいほど愛されていると思う女性が多いようです。 しかし、最近では婚約指輪も毎日つけていたいと思っている女性が多いですから、あまりダイヤモンドが付いていると派手すぎて付けることができいません。そのために、シンプルなエンゲージリングを貰いたいと思う女性も増えてきていますよ。